有限会社つちや

山中湖わかさぎ釣りドーム船、屋形船やマリンスポーツ(ジェットスキー・ウェイクボード)|つちやボート

ドーム船 レンタルボート レンタサイクル バスフィッシング マリンスポーツ

 

HOME»  わかさぎの釣り方

わかさぎの釣り方

わかさぎ釣りのコツは誘いと道具とエサである。
 小さなあたりを的確にとらえ、コツコツとあげていくことが釣果につながる。

 

1.道具

ドーム船の釣りにおいて、まず竿であるが、手バネ竿・リール竿・電動リール竿など種類はあるが、短く(60cm以下) 感度のよいものを使うとよい。穂先の調子は個人の好みによるが、ただ柔らかいだけでなく、腰のあるものがよいと思う。また、使用する錘にあわせて選ぶべきである。仕掛けについては、当店で使用しているものは、針・秋田狐1・5号7本針。ハリス、幹糸0.3号。錘・ナス型1.5号。ハリスの長さは2cm~5cm。手返しのよさと、扱いやすさを重視しているが、ベタ底での喰いの渋い時などには効果抜群である。最近では、電動リール竿が大変増えてきている。山中湖ではメインシーズンのポイントが大体12mくらいなので、釣果を上げるには非常に効果的である。価格も比較的安く(15,000円前後)、最近はどこでも手に入るので、本格的にはまりたい方は、ぜひ手に入れたいアイテムのひとつである。

  道具

 

2.エサ

最近、わかさぎのエサも多様化してきている。基本的には生きたエサが一番。シーズンの始まり頃は比較的赤虫を好んで食べるが、晩秋以降、水温が下がってくると紅サシや白サシをよく食べだす。サシ虫は活きがよくプリプリしたものを使うとよい。日によって白をよく食べる日もあるが、基本的には紅サシが良い。色を濃くするために、食紅につけたり、チーズやにんにくで匂いをつけるのも効果的である。また喰いの渋い時には紅サシを半分にカットするのが一番。朝一などで魚を集めたいときなども効果的である。

  エサ

 

3.わかさぎ釣りの流れ

道具を準備したらいよいよ実釣開始です。

1.エサをつける
  エサは紅サシの場合おしり側をチョン掛けして針先をしっかり出してあげます。針に付けた後に、頭側(尖って黒い方)をカットします。
2.仕掛けを投入する
  仕掛けが絡まないように注意しながら、錘から先に落とします。仕掛け部分がたるまないようにするのがコツです。棚まで着いたら、ストッパーなどに留めるのが良いでしょう。
3.誘う
  わかさぎは非常に好奇心の強い魚です。その反面、警戒心も強いようです。そのため、この誘いが大変重要になってきます。竿を上下に動かしたりしてエサにアクションを付けます。状況によって使い分けたり、いくつかのパターンが必要になったりします。詳しい誘いのパターンは後で述べますが、基本的には上下に誘ってぴったり停止させ魚に食べるタイミングを与えてあげます。
4.あわせる
  あたりは竿先に出ます。コツンとかプルプルというあたりが出たら即あわせを入れます。あわせは穂先の固い竿であれば、10cmくらい竿先を持ち上げるように行います。穂先の柔らかい胴調子の竿であれば竿の尻を上げるように腕を大きく上げてあわせます。
5.取り込み
  魚がかかったら糸を巻いて魚をあげます。リール竿の場合、慌てずに一定のスピードになるように巻いてあげます。また、巻きすぎると穂先をいためるので注意してください。手バネ竿の場合、段がつかないようにあげてあげます。
  針が上唇にかかってる時は、針の根元と魚の目の下あたりをしっかり持って引っ張ると簡単に取れます。下唇にかかってる場合は。面倒でも針と魚を持ってはずしてあげるか、爪でかかってる部分を切りはずします。
はずした魚は水を張った桶の中にしばらく泳がせてから、氷を詰めたクーラーボックスの中に入れてあると良いでしょう。
はずしたらエサの有無や生きの良さを確認して仕掛けを再び投入します。この一連の動作を手返しといいます。

  わかさぎ釣りの流れ

 

4.誘いのパターン

誘いとは竿を操り、エサに様々なアクションを付けることです。錘で底を叩くように行う「たたき」、竿をゆっくり上下に動かす「振り」、竿を徐々に上げていく「誘いあげ」、竿をゆっくりと大きく上げる「空あわせ」、錘を一気に落とす「自由落下」、底に錘をベッタリ付けて道糸をたるませる「ふかし」などが組み合わさってパターンを作る。

 パターン1
 自由落下で着底→たたき→待ちを少し入れた後3cm~10cm刻みで誘い上げ→頭の高さまであげたら2・3回振り→少し待ちを入れて自由落下で底に落とす。
 パターン2
 自由落下で着底→ふかし→10秒ほど待ちを入れたら20cmほど空あわせ→誘い上げ→頭の高さまできたら自由落下  パターン3
 自由落下で着底→底から5cmくらいあげたところで数回小刻みに振り→待ちを入れた後誘い上げ→頭の高さまできたら自由落下
 その他にも組み合わせやローテーションを変えることで様々なパターンが出来てくる。その日の状況によって使い分けするようにすると良い。魚の気持ちを考え、根気強く、丁寧に行うのがコツである。

  誘いのパターン